生活相談より (ヤミ金)

生活相談に様々な人が訪れます。(ここで詳しく書けないところ説明できない部分ご了承下さい)

 この日訪ねてきたのは、物腰の低い感じの男性B氏。体を壊し収入がなく生活ができないので、助けてほしいという。

 左手小指の先が無い。背中に大きな入れ墨もあるという。

 深刻な人生を背負っているのかもしれない、と思って話を聴きだす。

 

 彼はずっと闇金といわれる違法高利貸し業で生活してきた。

 稼いで羽振りがよかったときは、海外旅行や高級車の贅沢をしていた。

 結婚したこともあるが、今は単身。親族にも相手にされない。

 何故、私のところに来たのか?と聞くと、

 「やっぱり共産党は弱者の味方と思って」 (?!) 

 一度も税金を払ってない(消費税以外は)、年金も払ってない、選挙も行ったことない。

  

 私は思わず言ってしまった。 

「私より人生経験も苦労も様々のBさんに、私がえらそうなことを言うと思われるかもしれませんが・・・。」と前置きし、 

「貴方は、今まで人の弱味に付け込んで闇金で稼いで、さらに弱者を破滅に追い込んで生きてきたんでしょ?

 私は借金苦しむ人を助ける弁護士の事務員でやってきました。その立場から、言わせてもらうと、相手方になるわけ。貴方は多くの人を苦しめて追いつめてきたはずです。一家離散や自殺者もいたかもしれない。こんどは自分が弱者で助けてって・・・虫が良すぎると思う。」 

私、極力冷静に(笑顔で)話したつもりでありましたが・・・厳しいこと言ったり説教っぽくなったかも。  

 私は法律事務所で働いていたとき、お金に苦しむ相談者の自己破産や分割弁済の処理に毎日に追われるほどやって、サラ金・ヤミ金業者ともやりとりしてきた。相談者の悲惨な生活実態を見聞きしてきた。

 人の生き血を吸って生きる悪党どもめ、と思っている相手が、今ここにしおらしく助けを求めてきた。

 (さあ、どうする?・・・やっちゃん?…)

 

 そこは、「国民の苦難 軽減」という立党の精神で対応しました。

「日本国憲法は健康で文化的な生活を国民の権利としている、貴方にも権利がある。貴方にも基本的人権がある。日本にいい憲法があってよかったですね。」と私のつたない説明を B氏、どう聞いたかな。

 

 B氏、よく考えれば、これまでの人生のしっぺ返しを受けている。仲間とはお金だけでつながっていた関係でしかない。まともな仕事は就けない。孤独で将来に希望などない暮らしでしょう。いつか立ち直ることができることを祈ります。

 まだまだ私も発展途上、勉強させていただきます。

 

第5回中央委員会総会(5中総)

午前、党の第5回中央委員会総会(5中総)を事務所でネット視聴しました。
 志位委員長の幹部会報告で、夏の参院選について「戦後政治史の中で初めて野党と市民が力をあわせた歴史的な選挙。安倍政権を倒し、新しい政治への道を開こう」と.いよいよ野党共闘で政権打倒だ、と決意を固める。

 
12973465_911784358933950_7030167829346712862_o 丁度、医療生協の2つの支部で各総会が開かれており、その会場へ駆けつけて、挨拶させていただきました。挨拶の中で、今聴いた志位報告を盛り込み、歴史的選挙の意義をお話させていただきました。

 

 午後、支持者の方が、タケノコ届けてくれました。今朝採った新鮮‼ (⋈◍>◡<◍)。✧♡初物です。有難いです。CIMG8237
 今日は、夜の会議など仕事が入ってないので、ゆっくりお料理させていただきま~す。

お花見

CIMG8197 春うらら、全国各地で素晴らしい桜の宴を楽しまれてることでしょう。
 視覚障碍者のAさん(60歳代)がお花見の参加者の中におりました。
 それは近くの公園で党後援会がささやかに行ったお花見でした。
 満開の桜の下でお弁当を食べ、お酒も入って気分よくなって、隣のグループからは焼き物の香りが漂う。…
 そんななか、私はAさんが気になっていました。
 Aさんはおとなしく皆の様子に耳を傾けるだけでした。
 実はAさんは、歌が得意です。障がい者のカラオケ大会でも賞をいくつもとってます。
 そこで、「Aさん歌って!」とお願いすると、歌ってくれました。仲間も初めて聴く、その美声にシーンと聞き入って、「ええな~」「ウマい!」「さすが!」と声援。民謡も演歌も出て、他のメンバーも調子に乗って、思わず私も!(歌詞をスマホで出せるので便利になったなあ)
 マイク(に見立てたワインの瓶)を交代で持ちまわって、大いに盛り上がってお開きとなりました。CIMG8231 (2)

 後日、Aさんにお花見の感想を聞かせてもらいました。
「私は、これまで、お花見に行ったことがなかった。初めて経験させてもらいました。
 私は、花を見ることができません。花がきれい、がわかりません。
 しかし、これで、世間の皆さんが、毎年お花見をこんな風に楽しんでるんや、と、お花見ってどういうものか、よくわかりました。
 楽しかった。ありがとうございました。」

 この言葉を聞いて、私たちは気づかされました。
 Aさんは、白杖をついて障がい者仲間とどこでも旅行にも行く行動派。演説会や音楽会や食事会などに出かける。しかし、「お花見」は一度も無かったんだ。

 今回、私たちはAさんを誘うことに、躊躇していました。「花も見えないのに面白くないんとちゃうか。」それに、連れていく手間もかかるし、との思いがあったのは確かです。
 酒好きの者中心で企画した(ガラの良くない(>_<))会だったと思うのでしたが、Aさんが参加されたことで、心が温まるエピソードが加えられました。
 Aさん、来てくれて本当にありがとう!!

市政報告2016年4月号

市政報告 2016年 4月号

 

 

 

2016年 4月号-1(500kB)

 

 

 

 

2016年 4月号-2(500kB)

お待たせしました。よろしくお願いしますm(__)m

もう春です。

何だか長くかかってしまいましたが、リニューアルしました。

少しづつ発信していきたいと思います。

皆様のご提案やご意見もお待ちしています。

よろしくお願いいたします。

 

 

Page 7 of 7« First...34567