土壌汚染事件 堺医療生協主催 緊急学習会

並松公園の六価クロム化合物460倍 シアン化合物、検出事件で

堺医療生協主催 緊急学習会 

  9月24日㈯午後1時~
 並七第2集会所 (並松団地内)
 

 講師:土壌汚染研究の一級の専門家、畑 明郎先生(元市大教授)

  現在、東京築地市場移転先の豊洲の土壌汚染問題で、マスコミ取材や問合せが殺到しているそうです。

「笑いヨガ」体験

「笑いヨガ」って最近流行ってる?
堺医療生協の講座に参加してみました。
やってみないと分からない。
講師の説明を聴いて、実践。CIMG9500
 …
 呼吸法のひとつでしょう。体力もつかうし、最後は気分スッキリ。
 笑いは健康のもと。馬鹿笑いすることって一日一回もない、テレビ見ても、ふふって感じだけですね。1人暮らしの高齢者の皆さん、笑ってないですね。
 初めは、言う通り無理矢理のははははは・・・。照れていられない、ええい、と隣の人の顔を見てやったらホンマに大笑い!笑い続けの1時間ほど。
 
 私、せっかく覚えたので、家で家族の前でやると、中学生の息子らは目がテンになって固まっていました。笑うどころではない反応・・・・、まずかったかな?

並松公園 強い毒性六価クロム検出 基準の460倍!

 CIMG9481CIMG9483六価クロム化合物などが堺区並松公園で検出され問題になってます。大和川がすぐ近くです。昨日、公園立ち入り禁止になりました。
 今朝、ニュースを聞いて現場確認しました。堺医療生協の理事らも現場に来ていました。
問題のメッキ工場は完全に更地になっており、周辺にはマスコミ関係者が何人か陣取っていました。
 近隣の住民を訪ねてお話を伺いました。
 市の対応・調査結果について、党議員団から情報を収集しました。
 健康被害の心配の声があります。基準の460倍ってどんだけ危険なのか?5月の工場解体からこれまでの市の対応に不満を持っている方がいます。
CIMG9486 市は、原因など調査中ということで明らかになってないこともありますが、途中経過もすべて情報公開し、市民の不安に応えることが必要です。毒性について、健康被害は将来にどう及ぶのか、特に子どもには。
 この辺りは、阪神高速大和川線事業で、工場、住宅やマンションの立ち退き解体とスーパー堤防と高速道路建設の工事がずっと続き、その粉塵に長期間さらされて、健康が悪化している方もいます。
 希望する近隣住民には、健康調査を継続的にすべきではないでしょうか。
 

※六価クロムとは:皮膚などに付着すると皮膚炎や腫瘍を起こし、長期間体内に取り入れると、肝臓障害・貧血・肺がん・大腸がん・胃がんなどの原因となりうる。

「堺市就学援助を良くする会」の市との懇談

8月29日

堺市就学援助を良くする会」の市との懇談に出席させていただきました。
 私は、前市会議員の肩書ですが、子育て世代の当事者として、市行政に伝えたいことがたくさんあって、この機会に発言させていただきました。
 中学校給食についてです。2学期(11月)から本格実施されますが、最大のネックは「就学援助の対象にならない」こと。
 これは、「とても期待していたのに、あまりにもがっかりだ」と、母子家庭世帯から言われている。
 低賃金でダブルワーク、トリプルワークで働く保護者は弁当作る時間が大変な負担。給食は有難いが一食310円を一カ月まとめて前払いでは、一番利用したい生徒ほど、申し込みたくても申し込めない。スーパーでは280円ぐらいでボリュームある弁当が売ってる。安全で栄養ある給食を食べてもらうために単価をもっともっと低くすること、など。
 とにかく、せっかく行うこの新事業は、みんなが「良いこと実施してくれた」と思ってもらえるものにすること。
 さらに、今のままでは「竹山市長って、保護者の気持ちわからんな。」「利用してほしくない、という気持ち見え見え。」と言われている旨を発言しましたが、伝わったでしょうか。
 市の答えでは、「中学校給食を就学援助の対象にすることは課題だと認識している」とありましたので、一日も早い課題解決を期待します。

 堺市として、国が就学援助予算の補助を打ち切ってくる中で、対象児童が対象から外されないように市の予算を確保していること、また、自治体として、国に補助打ち切りやめるよう求めているとのこと。頑張ってほしい。14102149_1002203983225320_6559387412647832147_n[1]

文化住宅の集団立ち退き問題

8月19日㈮

地元で取り組んだ学習会。
地域の党後援会の主催。会場はご当地のカラオケスナックをお借りして。
講師に村田浩治弁護士(堺総合法律事務所)が来ていただきました。
14258113_1014050222040696_789630733442373862_o[1]内容は深刻です、「立ち退き問題」。…
 
 春ごろから、古い文化住宅が密集するこの地域で、開発業者による立ち退き話が順番に進められています。
 業者の説明にのって、半分あきらめて、さっさと斡旋された住宅に転居する住民もいる一方、業者の示した条件では折り合わないとか、高齢でどうしても転居が困難な住民がいます。
 その事情を知った地元の党支部が急遽、企画しました。

 ユニークな会場で狭いところに大勢集まって椅子が足りず、私も立ち見。党支部のメンバーが、住宅を一軒一軒訪問してご案内しました。中には「私、公明党支持やから行かれへん」と遠慮されている方がいましたが、「支持政党関係ないです、住民の共通の問題だから。どうぞ。」とお誘いしました。
 住民の心配していることなどについて村田弁護士が丁寧に答えていただいて、ひと安心。最後に「困ったら相談に来てください」と、言っていただき、皆さん大変心強い思いになりました。

空地の雑草の苦情

(8月10日撮影)堺区中三国ヶ丘町6丁の広大な空地。新日鉄社宅跡。

 きれいに刈り込まれました。
 JR堺市駅に近く便利な住宅地です。長い間開発されず、雑草が人の身長を超えるほど生い茂っており、虫や花粉の発生の苦情が近隣住民から届けられておりました。
 市に通報し、開発業者に改善を指導していただき、この度、9日~10日二日間できれいになりました。ありがとうございました。
 
 通報者によると、フェンスに掲示している管理会社に、苦情を直接連絡しても、らちが明かなかったそうです。

 

さて、今後のここの開発がとても気になるところですね。

 

CIMG9468

Page 3 of 712345...Last »