ブログ

お花見

CIMG8197 春うらら、全国各地で素晴らしい桜の宴を楽しまれてることでしょう。
 視覚障碍者のAさん(60歳代)がお花見の参加者の中におりました。
 それは近くの公園で党後援会がささやかに行ったお花見でした。
 満開の桜の下でお弁当を食べ、お酒も入って気分よくなって、隣のグループからは焼き物の香りが漂う。…
 そんななか、私はAさんが気になっていました。
 Aさんはおとなしく皆の様子に耳を傾けるだけでした。
 実はAさんは、歌が得意です。障がい者のカラオケ大会でも賞をいくつもとってます。
 そこで、「Aさん歌って!」とお願いすると、歌ってくれました。仲間も初めて聴く、その美声にシーンと聞き入って、「ええな~」「ウマい!」「さすが!」と声援。民謡も演歌も出て、他のメンバーも調子に乗って、思わず私も!(歌詞をスマホで出せるので便利になったなあ)
 マイク(に見立てたワインの瓶)を交代で持ちまわって、大いに盛り上がってお開きとなりました。CIMG8231 (2)

 後日、Aさんにお花見の感想を聞かせてもらいました。
「私は、これまで、お花見に行ったことがなかった。初めて経験させてもらいました。
 私は、花を見ることができません。花がきれい、がわかりません。
 しかし、これで、世間の皆さんが、毎年お花見をこんな風に楽しんでるんや、と、お花見ってどういうものか、よくわかりました。
 楽しかった。ありがとうございました。」

 この言葉を聞いて、私たちは気づかされました。
 Aさんは、白杖をついて障がい者仲間とどこでも旅行にも行く行動派。演説会や音楽会や食事会などに出かける。しかし、「お花見」は一度も無かったんだ。

 今回、私たちはAさんを誘うことに、躊躇していました。「花も見えないのに面白くないんとちゃうか。」それに、連れていく手間もかかるし、との思いがあったのは確かです。
 酒好きの者中心で企画した(ガラの良くない(>_<))会だったと思うのでしたが、Aさんが参加されたことで、心が温まるエピソードが加えられました。
 Aさん、来てくれて本当にありがとう!!