ブログ

団視察した野洲市では、驚くことに、「ようこそ滞納」

11月7日㈭ 滋賀県野洲市に堺市議団で視察。
CIMG1079市税や国保料など滞納した市民に対して、どのような対応をするのか?行政の姿勢が問われます。

 野洲市では、驚くことに、「ようこそ滞納」と滞納者が相談に来られると全力で受け止めて生活再建の相談にのっています。
 
 つまり、滞納する人は、様々な困難を抱えているはずだ、だからあらゆる面で力を尽くして、困難を解決してやる。そしてこれこそが、滞納を解決できるのである。
 これをやれば、私は、受けて居る相談をみんな相談課に回して安心できます。CIMG1075

 堺も含め多くの自治体では、滞納者が相談に来ると、窓口で優しく「いくらなら払えますか?」と言います。が、これでは、「払えません」としか言えない。
やがて、資産差し押さえという強行手段になる。
 野洲市では、給料の差し押さえはしない。
 そして市の職員が対応する。非正規職員では、マニュアル通りで様々な支援施策に通じてないことも多いので相談を受けても支援に繋げることが難しいとのこと。

 CIMG1077収納率も堺と同じぐらい高い。
 小さいお金のない自治体だから、滞納者が払えるようにするために支援制度をあれこれ使ってるんです。と謙遜されていましたが、やっていることは、住民福祉の向上という本当の地方自治体の姿です。
 市長、職員の意識改革が先ず必要と思います。

児童自立支援施設「修徳学院」の視察

11月6日㈬

 大切なことを学んだ視察でした。 
CIMG1063日本共産党堺市議団で児童自立支援施設「修徳学院」の視察へ。
 児童自立支援施設は、政令市には設置が義務付けられています
 堺市が建設計画を提案し、市議会は、全会一致で用地取得までした。ところが、維新の永藤市長に代わった途端に、中断となっているものです。
 
 最初に施設の歴史、入所児童の生活、入所までの経緯、など職員さんから説明を受けてから、施設内見学へ。
 年中行事が目白押しで、次々と新たな取り組みのプログラムがあります。すべてが思い出に残る楽しそうなイベントです。

CIMG1069

 施設の都合で夕方から視察なので、直ぐ日が暮れてきました。
 
 家庭の事情でまともな日常生活ができない子どもたち、すなわち、虐待などで非行や家出をして保護された小中学生が暮らしています。
 誤解されることがよくあるのですが、決して懲罰的な施設ではありません。施設の門は常に開いたままです。
 規模は最大100人です。家庭的な環境で育ちなおしができるように、10人以内の寮生活で夫婦職員が家族のように愛情いっぱいにお世話をする形です。
 敷地は山の斜面に広がり、緑豊かな自然の中。入所児童の小中学校、グラウンド、プール、畑など。豊かな体験ができるように整備されています。
 放課後のクラブ活動で陸上部が敷地内の坂道を走って鍛えていました。
 斜面の敷地なので、敷地内の移動は全て坂道。体力がつきます。陸上部の駅伝では全国優勝の実績。
 規則正しい生活と体力づくりを重点にしています。

CIMG1068 女子寮の内部を見せていただきました。これから夕食。小中学生が順番にお風呂に入ったり、文化祭の準備で手芸作品を楽しそうに作っていました。私たちがお邪魔すると、嬉しかったのか、賑やかにおしゃべりと明るい笑い声があふれる。彼女たちはまるで姉妹の様。ケンカも毎日するとか。
 内装は、バリアフリーの木調で、一人一人が大切に育ててもらっているなあと感じました。

CIMG1065CIMG1066

 文集『みかえり』は毎年発行。子どもたちがここで学び、生活する中から、自分の生き方を考え、今までのすさんだ生活をしっかり見直して、自分の人生を取り戻す過程が刻まれた文章です。子どもたちの生きてきた壮絶な背景を思えば、涙なしには読めません。
 
 堺でも独自に児童自立支援施設の整備を求めます。
 コストがかかるから、設置しないという事ですが、このように子どもたちのかけがえのない未来を豊かに実らせる仕事に、コストを理由にしてはならない。
 不幸な環境に育つ子どもたちが、社会を恨み自暴自棄になって非行になる、それは子どものせいではない。大人の責任で、児童に最善の利益を確保しましょう。
 
(ここの子どもたちの事は映画にもなりました。施設のシンボル「みかえりの塔」は、映画の題名に。笠智衆さんらが出演。)

老人福祉センターの浴場廃止等方針についてパブリックコメント(意見募集)実施

老人福祉センター 浴場廃止等を盛り込んだ

堺市立の高齢者福祉施設のあり方に関する基本指針(案)の

パブリックコメントが10月4日に始まりました。

10月31日(木)までが期間です。

詳細は下記URLからご覧下さい。

 皆さんのご意見下さい。

 

https://www.city.sakai.lg.jp/smph/kenko/fukushikaigo/koreishafukushi/pabcome_arikatakihonnsisin.html

辰巳コータローさんを囲んで懇談会

9月29日㈰
 良かったのは、SNSで知ってきたという初参加者が何人かいたことで、やっぱり新しい時代の情報発信力を改めて知る。
CIMG0922 辰巳氏のお話は、7月の選挙で、どれほど多様な立場の人たちが応援してくれたか、共闘ができたか、前進したきたか、具体的に示して、私は何度も、おおっ!と心の中で感嘆。
 初参加のコンビニオーナーの方が発言したときは、さらに盛り上がりました。
 また初めての若い男性は、政治に興味を持ち、れいわ新選組を応援していて、共産党の話も聴きたいとSNSで知って来てみたとのこと。
 本当に新たな出会いと交流が広がっている!
 辰巳さん自身の魅力も大きいと思います。ぜひこの人を国会へ戻したい。

 

 

 

百舌鳥古墳めぐりに参加

9月28日㈯午後、百舌鳥古墳めぐりに参加。堺平和のための戦争展のアフター企画。CIMG0869CIMG0872CIMG0863人気があり総勢約30人。
 JR百舌鳥駅から10カ所の古墳をめぐり中百舌鳥駅まで。(休憩は百舌鳥八幡)
 堺市観光協会のボランティアガイドさんが布製の古墳模型と筒型ハニワ模型を自ら作って、熱心にわかりやすく説明をしていただきました。
 この間にこんなにも大小の古墳が!そうなのか!と、いろいろな発見もあり、また古墳の知識がアップ。
 3時間のコース。(ゆっくり歩いていましたが曇りで蒸し暑い午後、くたびれたあ。)
 ガイドさんありがとうございました。
 
 

CIMG0903

ババババ、バタバタバタとプロペラ音を響かせ観光遊覧と思われるヘリコプターが、何台か私たちの上空を旋回していきました。週末ですから観光ヘリの利用者が増えるのでしょうね。

 これだけ回っても古墳群のほんの一部。
 建設予定のガイダンス施設を縮小すると市長が建設中止させましたが、それで納まりますかな??一つ一つの古墳それぞれに1000年を優に超える歴史ストーリーがあるのですよ。

9月議会、建設委員会 水道料金改定で福祉施設の負担増に 

71378264_2358492450929793_3047815536063807488_n9月26日㈭

私の所属する建設委員会で。
一般質問は3つのテーマ。午前中の最後の質問者になり、途中で昼休憩、午後に続きを。
①自転車ヘルメットの利用促進と歩道の縁のすべり止めブロック普及を。
②水道料の福祉施設減額制度の廃止の条例案に対して、制度継続を。
③大和川スーパー堤防整備の区画整理事業について、住民の立場で行うこと。

また、②の条例については、対抗して修正案を出し、提案者として提案理由説明を行い、他の4会派(維新・公明・自民・創志会)議員からそれぞれ質問を受けて答えるというとても緊張することを行いました。
採決では、わが党の提案は残念ながら否決。原案通り福祉施設減額制度の廃止が可決されました。

最後に陳情審査で、堺環濠都市北部地区の景観を守れの陳情を取り上げて、質問を行いました。

かなり出番の多い一日でしたが、建設委員会のテーマまだまだ続きます。なかなかやりがいのある委員会です。(ほぼ出ずっぱりで疲れました~)

午前も午後も傍聴者が複数来てくれていたようで、「建設委員会ってこんな身近な問題があるんや」と感想いただきました。

明日は健康福祉委員会と総務財政委員会の議会日程。
総務財政委員会は新人の藤本さち子議員が頑張ります。(健康福祉委員会は日本共産党議員は空白で質問できません。)

  

 

 

Page 1 of 1912345...10...Last »