ブログ

「生活保護基準引き下げ違憲訴訟」国側敗訴 国・市は控訴するな!堺市議会有志議員が市長に申し入れ

2月26日㈮(森田こういち議員ブログより引用)
 生活保護費引き下げは生存権を保障した憲法25条に違反するとして、その取り消しなどを求めて、大阪府内の生活保護利用者42人が国と府内12市を相手取った「生活保護基準引き下げ違憲訴訟」の判決が2月22日、大阪地裁であり、生活保護費の減額処分は違法であるとして、処分を取り消す判決が出されました。
 本日26日本会議終了後、その判決の意義を重く受け止め、控訴せず、国及び堺市以外の処分庁に対しても同様の措置をとるように働きかける旨を要望した申し入れ書を提出しようと永藤市長へアポを取りましたが、敢えなく断られました。非常に残念な対応です。代わりに健康福祉局長に手渡しました。
 154267472_3777324399032076_8657585958482959837_nなお、要請書を提出したのは、長谷川俊英、小堀清次、渕上猛志、石本京子、森田こういち、いぬい恵美子、石谷やす子、藤本さちこ各議員の8名です。